恐ろしいほどに忘れてしまうな

発信力がついたらいいなと思って、
毎日ブログを書くことにしてまだ1週間は立たないけれど、
何を書こうかと探す習慣がついてきた。

普通に生活する中で、
「あ、これを書こう!」と思ったことが、
書くときになって忘れてる。

いつか稲川淳二さんがいつも枕元にメモとペンを置いて、
思いついたことをメモするといってたけど、
あれがいいと思う。
思いついた瞬間にメモするのが大事。

今日は会社が休みで、
朝10キロ走って、
シャワー浴びて、
洗濯して、
寝た。

寝る前にTverで、
呪術廻戦とか水曜日のダウンタウンとか、ヤンキー君と白杖ガール見てた。

やっぱりアニメが好きだ。
時間も30分と見やすいし。
見れる分が切れると、バラエティ、ドラマと続く。

水ダウはロンドンハーツと似てるな。
設定を設けて、隠しカメラ設置して、ターゲットの普段人に見せられない人間性を暴く。
過激だと思う。

10年ぶりくらいにテレビ番組見たんだけど、
今はここまでしないと視聴者に受けないのね。

やり方がえげつない分、確かに面白い映像が取れる。

今日の「売れない芸人が楽屋で山積みされた弁当をいくつ持っていくか」
みたいな実験では芸人の図太さが見えた。

AMEMIYAが凄かった。
ほぼ全部(2万円分以上の弁当、ジュース、お菓子)持って帰ってた。
客前で芸が出来てるのって、普通の人からしたら、「凄い度胸だ」と思うけど、
この人は普通の人と同じ尺度で見たらあかんな。

他の芸人は人の眼を気にして、万引きしてるみたいな感じでこそこそしていて、
手提げ袋に弁当詰めて、その上を着替えの服で覆って持ち帰ろうとしてたけど、
AMEMIYAは堂々と透明なビニールぶくろに詰めてそのまま帰ろうとしてたから。

あれが出来る人間って頭のネジ外れてるわ。

ドラマの方。
「ヤンキー君と白杖ガール」。

女優の子が可愛いから見てて楽しいけど、
ストーリーがベタだなと思う。
先が読めるというか。

「北の国から」とか「白い巨塔」は
もっとスケールが大きくて、
展開の大きさにハラハラさせられたんだけどな。

これから、
趣味の求人探しをして、
読書して、
知り合いへのラインを返信して、
マンガ読んで寝ようかな。

昨日仕事して、
朝10キロ走ると、
翌日だらける。